top of page

必要な方にお届けしたい病院パン

塩分制限が必要な疾患として、高血圧、心不全や心筋梗塞などの心疾患、脳卒中、腎不全などが挙げられます。

リスクには、高血圧、腎機能の低下、骨粗しょう症、胃がんなどが挙げられ、中でも高血圧によって動脈硬化が進行すると、脳卒中や心不全など命に関わる病気を引きおこします。


◆◆◆必要な方にお届けしたい病院パンです。◆◆◆


某市立病院

1日分の食材(生鮮食品など)に含まれるナトリウム量を1g程度と考えると、この食事の添加できる塩分としては、1日5gとなります。

そのため朝食時には無塩パンを使ったり、素材の味を生かして表面に味付けをしたり、塩分の多い汁物を控えたり、減塩醤油を用いたりと、薄味でも美味しく召し上がっていくための献立上の工夫をしています。



最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


ปิดการแสดงความคิดเห็น
bottom of page